So-net無料ブログ作成

出産 VOL.5 [出産]

4日目。
やっと食欲が出てきた。おかゆとかばっかりだったけどその日の夜から普通食に戻った。病院はご飯がおいしかった。おやつも出たし。至れり尽くせりだったけどまた痛い目に。
おっぱいマッサージ。すごい母乳思考の病院で、このマッサージがめちゃくちゃ痛い。冷や汗だらだら。

5日目。
この日が最後の点滴地獄。点滴ってこんなに痛かったんだ。
あと床ずれはこれはもう本当に痛い。よく寝たきりのお年寄りがなるけど、こんなに痛いとは。

6日目。
退院指導。痛い痛いといいながら6日。ああもう明日で退院か。なんか不安でいっぱいだったな。

退院当日。
朝から大雪の大変な日になった。本当に退院できるかと思ったぐらい。でも午後から晴れてきて無事我が家へ。

帝王切開って産みの苦しみがないわ~なんて軽く思ってた。...そんな私はバカだった。こんなにも痛い思いをして産んだわが子。本当に愛しくてかわいくて。

どんな出産も大変。やっぱり女は強い!!がんばったよ、母ちゃんは

出産 VOL.4 [出産]

部屋に戻されて、旦那や実母たちが帰ってからがすごかった。
麻酔が徐々に切れてきて、ずんずんと痛みが突き上げてきた。

「ううう・・・」

声に出さないと耐えられない。下半身が全く動かない。背中に新たに刺された麻酔が痛い。
看護師さんに痛み止め飲む?と聞かれたけど、もう少ししたらまた麻酔が効いてくると聞いてがまんした。

でもその当日は一睡もできなかった。暗闇の中痛みに耐えて時計を見ていたなあ。

次の日も点滴地獄で全く動けない。なのにそこの病院は厳しくて帝王切開でも1週間で退院させられてしまう。
「寝返りうつ練習してね」

ええっ!そんな殺生な。きびしいわ~。
横を向くだけで激痛。尾てい骨が床ずれで激痛。点滴は痛い。もう何もかもが痛かった。

3日目。歩く...。
点滴の棒を支えにして歩かされた。
...あの息もできないほどの痛み。歩くってすごく腹圧がかかるんだ。
あとせきとかくしゃみもできない。一番つらいのは笑えない。笑うと大変なことになる。
でも旦那が笑わせてくる。あれはきつかった。泣きながら笑った(笑)
おしっこするのもきつい。人間ってこんなにお腹を使ってるんだなあと実感した。
そしてこの日の夜から赤ちゃんのお世話開始。
夜中に起きて授乳。ただでさえ体が痛いのに、乳首がものすごい痛い。男の子は吸う力がすごいし、パンパンにおっぱいが張っちゃったから。でもなんとかよぼよぼばばあみたいによろよろしながらがんばった。母は強し!

出産 VOL.3 [出産]

下着を全部とられ、はおるだけの服を着てオペ台に乗せられた。
ああ、ドラマとかに出てくるオペ室と一緒だなあと思った。

背中から下半身だけ麻痺させる麻酔を打たれた。
どんどん自分の足じゃないみたいな間隔...。
麻酔科の女医さんに氷を乗せられても全然感じない。
そうなればとうとう切腹。

なんとな~く切る感覚は分かる。あ、切ってるのかな~って。で、その後お腹をぎゅうぎゅう押される。
「頭見えたよ~」「お腹出たよ~」
「はい、産まれました~。PM3:30、元気な男の子ですよ」

...あれ、泣き声が聞こえない。と思ったら

「うえ~ん」

心の底からほっとした、と同時にどば~っと涙があふれた。
ひとりオペ台で号泣。
麻酔科の女医さんに涙を拭いてもらった。

助産婦さんにきれいにしてもらってご対面。
なんか赤かった(笑)だから赤ちゃんか(なんじゃそれ)
小さい手。嬉しかった。

その後、すぐに外で待ってた旦那と実母とご対面。義母も来ていた。
ばばあ二人も号泣していたらしい。旦那は嬉しくて最高だったって言ってた。

産んでからお腹の処理の時、右肩が異様に痛かった。あれはいまだに原因不明。なんだったんだろ。

...出産は無事終了。でもこれからが私の痛みとの戦いが始まった。

出産 VOL.2 [出産]

帝王切開と診断が下された次の日、即入院。
完全個室でトイレもお風呂もきれいで、「ホテルみたいだわ~」なんて余裕ぶっこいてた。

これから始まる恐ろしい痛みも知らず...。

入院する時、実母が付き添ってくれた。旦那も気が気じゃなくて仕事を早退。
部屋で3人、手術の時間を待った。
その間に点滴やら毛を剃ったりして手術にそなえる。

外は最高にいい天気。南向きの部屋で暑かった。

PM2:30、助産婦さんが車椅子を持って迎えに来た。
「○○さん、行きましょっか」

さすがの私も高鳴る鼓動。オペ室の前で母親の顔を見たら涙ぐんでいた。
...これは後から旦那のネタにされているけど(笑)

出産 VOL.1 [出産]

1月15日が予定日だったんだけど、全く兆候がなく日々が過ぎていった。

どれだけ動いたり歩いたりしたか...。

つらかったなあ。周りからまだかまだかと言われ続け、なのに陣痛のじの字もこない。本当に今までこんなに長い距離歩いたことないぐらい歩いて歩いて歩きまくった。

予定日から十日後の検診の日。医者から下された言葉。

「骨盤より頭のほうが大きくなってるかも」

が~ん。そりゃ下りてこないわけだ。いつまでたっても胃が圧迫されて気持ち悪いはずだわ。

また改めて骨盤のレントゲンをとってみたらやっぱり頭のほうが大きくなっていた。
「帝王切開」

思いもよらぬ出産になった。まさか自分がお腹を切るなんて。
でもその反面ほっとした。やっと産めるって。

...けど私、完全に帝王切開をなめてた。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。